スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

エボ~エボ3の歴史

ランサーエボリューション

1992年9月に発売される。形式名e-cd9a。通称エボ1

ギャランvr-4の4g63ターボエンジンをランサーに移植したランエボ初代モデルである。エンジン出力は
ギャランvr-4から10馬力高められて250馬力を発生した。

wrcに出場する資格を得るために、ランサーgsrに無理やりギャランの4g63ターボエンジンを詰め込んだ
モデル。
パワーとスペックが注目されたが、実際には当時の4wdの曲がらないという特性が際立った未完成な
モデルだったといえる。
しかし、wrcのホモロゲーションをクリアさせるために規定台数を販売する予定が、tvやcm、店頭などの
販促が一切無かったにもかかわらず、大人気のため2500台があっという間に完売。更に2500台が追加
販売さることとなった。

ランサーエボリューション2

1994年1月に発売される。形式名称 e-ce9a。通称エボ2

エボ1と同じく台数限定での販売となった。しかしこのエボ2は前モデルの問題点を徹底的に改良し
熟成させたモデルである。
曲がらないと大不評だった足回りの見直し、ボディ剛性の強化、トランスミッションのローギア-ド化。
そして、タイヤの幅広化、ホイールベース及びトレッドの拡大やエンジン内部と吸排気系にまで手を
加えられたエンジンは260馬力を達成している。
エボ1と形こそ似ているが、全くの別物といえるほどの格段の進化と熟成を遂げたモデルである。
唯一の欠点といえば、その動力性能に比べて極端にプアなブレーキ性能、そしてタイヤの要領不足
であった。
この問題は以降のエボ3やエボ4でも解消されることがなかった。

ランサーエボリューション3

1995年1月に発売される。形式名称 e-ce9a 通称エボ3.

エボ2が非常に完成度の高い車であったため、このエボ3は基本構造は前モデルを踏襲しつつ、エンジン
や空力性能の向上を意識した車である。
この、エボ3からスタイリングに過激さをましてエボらしいといえばエボらしい。
大型のリアスポイラーや大きく開口されたフロントマスクなど、ノーマルのチューニングカーといえる
ほどの過激な外観に生まれ変わることとなる。
その一方で、エンジン内部の改良により270馬力の出力を誇った。

このエボ3は、過激なスタイリングと成り立ちとが相まって、歴代ランエボの中でも人気モデルに数えられ
第一世代の最終形として恥じない完成度を誇った。実際、エボ3はwrcでの活躍と強さから、他のwrc参戦
メーカーもこぞってエボ3を参考にしたくらいである。

スポンサーサイト

  エボ~エボ3の歴史 トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。