スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

エボ9とエボ9mr

MI_63_10_1027_front.jpg


2005年3月に発売される。形式名称"GH-CT9A"。通称"エボIX"。

ランエボに搭載されるエンジンとして初の連続可変バルブタイミング機構MIVECを採用した最強モデル。最大トルク(GSR=40.8kgm、RS>=41.5kgm)発生回転数がエボVIII MRの3500rpmから3000rpmに下がり、また今回からターボのコンプレッサーハウジングを変更、コンプレッサーホイールにマグネシウム合金を(GSRではオプションとして)採用し、従来のアルミ二ウム合金よりもレスポンス向上を図った。その結果、低速トルクのアップ及びトルクバンド幅の増大と高回転域での高次元でのレスポンス向上を実現した(但し、エボIXに搭載されているMIVECは、ミラージュサイボーグrやFTO等に装着されていた、低回転と高回転用のカムシャフトを切り替え、吸排気バルブの開閉量とタイミングを変えるvtecのようなMIVECとは違い、リフト量の変化は行わず、吸気側のみの連続可変バルブタイミングとなるのが大きな違いである)。

このマグネシウムタービン搭載車は、チューニングする際に注意が必要で、ブーストアップによってコンプレッサーブレードが割れるという症状が多数報告されている。GSR用のチタンタービンに交換する事により解消が可能である。2005年12月以降生産分については対策品がつけられており,部品番号の末尾が0から1に変更されている。

本モデルから、GSRとRSの中間グレードとしてGTがラインナップに加えられたのが特徴。GTはリアデフにRSの機械式1.5WAY、5MT装備、マグネシウム合金ターボを標準装備し、その他のボディーカラーの選択、オートエアコン・キーレスエントリー等の快適装備、ビルシュタインサスペンション、ブレンボブレーキ等の足回りなどはGSRと同じである。車両本体価格はGSRより抑えらており、車重もGSRより約20kg軽い(なお本モデルからは、グレードに関係なくスペアタイヤを載せる事をせず、パンク修理キットに変更され、更なる軽量化が図られている)。中古車を買うときには注意すること。

その他、エボVIII MRから基本コンポーネンツ(スーパーAYC、ACD、ビルシュタイン社製ダンパー採用、ルーフやドア内部のサイドインパクトバーをアルミ化、ルーフのアルミ化等)は変わらないものの、フロントバンパーのブーレイ顔が廃止されスーパー耐久で使用していたフロントバンパーと近いデザインのものとなりスタイリングがよくなった。リアバンパーは中央にディフューザーを装備し空力を向上させ、リアの車高を5mm落し接地性向上を図って戦闘力を高めた(これはGSRのみで、GT及びRSの車高変更はなされていない)。



2005年9月に発売される。形式名"GH-CT9W"。通称"エボワゴン"。

ランエボ初のワゴン形状として登場、エボIXをベースとしランサーワゴンのボディを載せたモデルとなっている。6速MT搭載のGTと5速AT搭載のGT-Aをラインナップした。GTはエボIXのエンジンと同じMIVECを搭載し、280ps/6500rpm・40.0kg-m/3000rpmの出力を発揮するかっとびワゴン。GT-AはエボVIIGT-Aと同じエンジンを搭載し、272ps/6500rpm・35.0kg-m/3000rpmと、GTに比べ抑え目の出力になっている。しかし、普通のランサーワゴンと違い、リアフェンダーがブリスターフェンダーになっていたりと、セダンに負けないスポーティさが現れているのがランエボらしい。セダンボディと違いボディ剛性が弱いワゴンだが、その対策としてリアの開口部にはスポット溶接を重点的に行う等、ボディが280psのハイパワーに負けないように設計されていることから本気の最速ワゴンを作ろうとしたことがわかる。
基本コンポーネンツはエボIXやエボVIII MRを踏襲しているが、ワゴンによる重量増を考慮してか(今までAYCを標準装備していたGSRというグレードが存在しない事が理由の可能性もあるが)、リアデファレンシャルをAYCではなく、1.5WAY機械式LSDをGT・GT-A共採用しているのが特徴。その他、ワゴンとしての使い勝手を考慮し、リアシートを前方に倒すと2~3名乗車にアレンジでき、広大でフラット化されたラゲッジスペースを確保できること、又、その他ラゲッジスペースに12Vのアクセサリーソケットを装備する等、走り以外の装備も充実された走ってよし、使って良しの贅沢なモデルとなっている。


ランサーエボリューションIX MR

2006年8月29日に発売される。
ランサーエボリューションIX MRの形式名称は"GH-CT9A"。通称"エボIX MR"。
ランサーエボリューションワゴン MRの形式名称は"GH-CT9W"。通称"エボワゴン MR"。

Mitsubishi Racingを意味するMRのネーミングを冠したランサーエボリューションIX及びランサーエボリューションワゴンの熟成型であり、同時にランエボとしては、4G63ターボエンジンを搭載する最後のモデルである。(次は、エボ10)セダンがGSRとRS、ワゴンがGTとGT-Aという、それぞれ2グレードずつ、合計4グレードが発売されている。エボIX、ワゴンからの大きな変化はほとんど無いが、フロントエアダム下部の形状を変更、揚力の低下と気流の制御を図っているなどの細かな変更がある。 GSRでは標準、RSではオプションで、アイバッハ製コイルスプリングが採用され、フロントを10mm、リアは5mmエボIXと比べて車高を低くする事により、更なる低重心化を行っている。最大出力とトルク、また発生回転数などはIXからの変化が無いが、MIVECターボの最適化・ファインチューニングが行われ、レスポンスを向上させている。ACD・スーパーAYCのセッティングも変更、更に旋回力を向上させて戦闘力向上、熟成を図った。

発表前、「4グレード総計で1500台限定の希少性」というような謳い文句で予約を取っていたが、蓋を開ければ今回もまた、人気のため追加増産のパターンである(RSは予約分だけで生産割当台数をオーバーしていた)。増産分のバックオーダーを含めると総生産台数としては、2500台程度らしい。

ターボチャージャーはコンプレッサーホイール入口径が縮小されレスポンス重視に、標準がチタンアルミ合金製タービンホイールとアルミ合金製コンプレッサーホイールに変更された。(GSR/RS)メーカーオプションのマグネシウム合金ターボチャージャーはIXの初期型で不良が多発したことに起因し、IX MRでは敬遠され予約分でも標準のアルミ合金が欠品するという現象が起こった。メーカーオプション選択なら即納、標準装備なら3ヶ月待ちという奇妙な事態が起こったのは過去にも前例が無いのではないだろうか。
尚、IX MRのマグネシウム合金はIXのそれとは別物で信頼性は高いと思われる。2006年11月現在でも多数の納車待ちが発生しており、最終的にすべての納車が完了するのは 2007年2月の予定という大人気ぶりである。

「三菱好き」として知られるテリー伊藤が、ワゴンの方を愛車として所有しているのも有名である。
スポンサーサイト

  エボ9とエボ9mr トラックバック:1 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。