スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ランサーエボリューションの弱点と買い取り相場

ランサーシリーズごとの弱点

エボ1
とにかく曲がらない、4wdの悪いところの目立つモデル。冷却性能もいまいち。

エボ2
エボ1の弱点を克服。弱点といえば、ブレーキ、タイヤの容量不足。

エボ3
ブレーキ、タイヤの容量不足は相変わらず。エボ2よりパワーが上がった分、無理にブースとアップをするとエンジントラブルが多発

エボ4
左右の後輪への駆動力を制御するアクティブ・ヨー・コントロールの採用して今までよりも優れた旋回性能を誇るが、なにせ初めての機能であったため異音が発生するといったトラブルの発生率が高く、不評も多かった。

エボ5
WRCでは改造範囲の狭いグループA規定のマシンでありながら改造範囲の広い他メーカーのWRカーを圧倒してマニュファクチャラーズ、ドライバーズ、GrN優勝の完全制覇を飾り、筑波サーキットではGT-Rキラーの名をほしいままにしたなどの縦横無尽の活躍をした歴史的名車。欠点らしい欠点なし。あえて言えばスタイルか

エボ6
エボ5の硬い足回りを改善したつもりが、そのせいでエボ5に勝てないという笑えない事態が発生。エボ6を買うならエボ5がいい。

エボ7
ランサーセディアがベースなだけに無理やりエボにした感じ。
しかし、思いのほかバランスがよく史上最強に曲がるランエボといわれる。

エボ8
とにかくスタイリングが最悪。このころエボはスタイリングがどんどん悪くなっていったイメージがある。

エボ9
スタイルは改善されたが、マグネシウムタービン搭載車は、チューニングする際に注意が必要で、ブーストアップによってコンプレッサーブレードが割れるという症状が報告されているなど改悪された面もある。

エボ9mr
エボ9の不具合を改善した。お金に余裕があれば絶対にこちらがおすすめ。

エボx イメージ


car_portal_pic_21118.jpg


かっこいいですね♪

ランサーエボリューション買取相場

ランサーエボリューション 買取査定データ

   買取人気度:★★★★★
   買取人気色:パール、シルバー、黒

   中古車相場:(この価格は、買取査定の価格ではありません)
            エボIX 144.4万円 ~339.8万円
            エボVI 126.3万円 ~207.4万円
            エボIV   80.3万円 ~129.8万円

   買取相場:(走行距離、車両状態により異なります)
            エボIX 116.0万円 ~330.0万円
            エボVI  98.0万円 ~200.0万円
            エボIV   56.0万円 ~120.0万円

スポンサーサイト

  弱点と買い取り相場 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。